« しずおか元気旅 2 | トップページ | 藍屋の持ち帰り »

2021/09/09

エジプト展 

Img_0100
Img_0105
天地創造の神話

シニアの前売り券@700円で入場します

県立美術館 平日ですから人も少なくじっくり見て回る事が出来ました。

 


天地創造と神々の世界

Img_0137
Img_0141

エジプト社会においては、全知全能の神々の能力によって空雲砂漠風などの自然と人間や獣昆虫 太陽と月星に至るまで全てが創造されたと考えられていた。


Img_0157_20210828094801
Img_0155
Img_0167
Img_0163

ファラオと宇宙の秩序

宇宙全体を支配する秩序 規律や道徳とも考えられていた

Img_0170


Img_0126

Img_0129
死語の審判

死者は墓地の守護神でミイラ作りの神に正義の広場に導かれ審判が行われる

Img_0179
Img_0173_20210828095201
金箔の貼られたマスク
Img_0185
Img_0182
Img_0197
Img_0193
Img_0202

Img_0212

Img_0210
天地創造と終焉の物語です
館内撮影OKとの事で堂々と撮れましたが暗くて写りが良くありません


« しずおか元気旅 2 | トップページ | 藍屋の持ち帰り »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

エジプト考古博物館で拝見した作品群を懐かしく思い出しました。
3年前の事なのに、もうずぅ~っと昔のような気がします。
政情の不安やコロナなどで遠い遠い世界になってしまった気すらします。
予約しないでも入れるんですね。
関西の博物館や美術館は、人を絞るため、予約制になってます。
フラット思い付きで行けないので、足が遠のいてしまってます😢

パンジー様
見てましたか~ しかも出稼ぎの展示会で無くて。細かい所が確り見られたのだろうと想像出来ます。
夏休みの集中する期間や土日はネットで予約に成って居ましたが我が家は平日でしたから自由に行けました。色々な年代の人が来ていました。
たまには良いですね。

 館内撮影OKなんですね。
 絵画でないので劣化の心配がないんですね。
 美術館、博物館はたいてい黙って見ますから、
 他の人との距離があれば、まあ安心ですね。
 こんなときですから癒しのひとときになりますね。

ちょっと足を伸ばせばいける所なのになかなか行けません。20年前くらいに行ったのが最後だったような気がします。入り口の 『考える人』 の彫刻が記憶にあるのですが何を観てきたのか・・・・・?確かエジプト関係だったと思います。
死後の世界が展示されていますが当家では長男が未婚のこともあって、このところ寺との関係や墓仕舞いを真剣に考えるようになっています。どうしたもんかと悩んでいます。

うつきよう様
そおなんです。撮影OKとホームページに出ていましたが念のため当日学芸員の方に聞きましたら良いですよ と言われました。
タダ館内が暗いので1600迄上げて絞りはほぼ解放でした。
そおです、声を出す人が居ませんからこんなご時世には良いですね。

ごくらくとんぼ様
JR使うとやっかいですが車なら無料の駐車場も有るし良いですよ。
ロダン館に行ったのでしょうね。常設していますから。今回も同じ券で見られるのですが止めておきました。考える人と地獄の門が有ります。
まあ、来征の事を考えるときりがありませんから成るように成ると気楽に構えましょう。我が家も同じです。

「天地創造の神話」現世でいかに生き、死後にいかに再生するか。
死への恐怖と再生後の希望でしょうか?
何時か必ず死と向き合う時の心構えでしょか?
話は私事へ、、、、
デザイン学校に通っていた時、卒業作品に海外の国の観光ポスターを作るいうのがテーマでした。
その時、私が作ったポスターは「エジプト」でした。^^

ニャン様
死の恐怖と言えば ボケる事はその恐怖を感じない為にまんざら悪くも無い との事。考えや思いは色々ですね。
デザイン学校〜? いや〜ビックリですね。全く想像出来ません。
テーマがエジプト?そうでしたか!どんなデザインだったか見たいですね。
思い出して書き出してブログにUPして下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しずおか元気旅 2 | トップページ | 藍屋の持ち帰り »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。