« 上海蟹祥瑞 | トップページ | こびつ »

2021/11/29

コサギの大喧嘩

Img_4272

撮影して居る目の前で突然コサギが喧嘩を始めた

Img_4282
Img_4316
Img_4332
Img_4330
Img_4342
Img_4358
Img_4357
その後は何事も無かったかのように少し離れている場所で温和しく餌取りに励んでいた

 

« 上海蟹祥瑞 | トップページ | こびつ »

」カテゴリの記事

コメント

素敵な画像ですね。喧嘩は鳴き声がするんでしょうね。
でも純白の姿がとても美しく喧嘩しているようには見えません。
私が見るサギは田んぼで落穂を啄んでいる姿で、こんなにリアルな羽を広げた様は見られません。
白く美しいコサギに心を奪われました。

あらまぁ~、何があったのでしょうかねぇ~?
縄張り?餌?彼女? 
「離れている場所で温和しく…」が笑えます。
それにしても綺麗な白い羽、白鳥に負けず劣らず…ですのにねぇ~❕

ナイスショットです。


ネットの環境が整いましたので 久しぶりに落ち着いて パソコンの前に座っています。
リフォーム中 ばたばたしてしまった間も 温かいコメントをいただき 感謝しております。

鳥の喧嘩、、、
我が家も 今回の工事後、 珍しく何度か言い争いをしました。
鳥の姿を見て 我が身を反省、、、、(笑)

ごくらくとんぼ様
有り難うございます。目的の鳥が来なくて一寸ガッカリしていた時このバトルが始まったんです。これはコサギですがダイサギもようく喧嘩しています。
田んぼにね!居ますね。鳥も生きていくからには食わなきゃ成らないから必死です。

パンジー様
一寸した縄張り争いなんでしょうが広い池ですからもう少し他の場所に行けば良いのにと思ってしまいます。

RINO様
有り難うございます。

shinmama様
大工事が終わりましたか。ご苦労様でしたというかお疲れ様でした。
Shinmama家に取っての言い争いは愛の確認ですね。
ン そおに違い無い

白鷺も争いをするのですね、
白鷺って優雅でいつもお澄まししてるイメージなのに。
バトってる迫力を感じる写真ですね。

ニャン様
生きていく為の餌場の縄張りでしょうが広い場所なのに喧嘩が絶えません。ダイサギもよく喧嘩をしています。
28日から越前に行っていました。写真の取り込みで問題が出来てUPが遅れてしまい、今日は繫ぎに別の事をだします。越前ブログは6日からです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海蟹祥瑞 | トップページ | こびつ »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。