« 四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 1 | トップページ | 四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 3 »

2021/11/08

四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 2

Img_0923

天気予報は大きく外れ晴れた。

Img_0929
洋室の部屋は富士山の見えない側ですが大涌谷方面が見えゴンドラの動いているのも見える。
Img_0965
Img_0905
食事会場はラウンジと書かれた部屋です。

朝食は550円ですから文句は言えませんが美味くはありません。

Img_0940
Img_0955_20211105123601
一風呂浴びた。 濁っているかと期待したがダメだった。

 天気が悪かったら入浴出来ない10時~15時までは部屋でTV見て昼寝と思って居ましたが天気も良く小田原城に行く事にしました。

Img_0971
向かう途中大涌谷下部が見える場所があり噴煙を出していました。
Img_0989
絵地図の正面入り口と書かれた場所から入ります。※クリックして拡大できます
Img_0985_20211105123801
Img_0990_20211105123801
Img_0993_20211105124301
馬出門・銅門・常盤木門

と順に歩きながらの会話「昔 小田原城に小さな動物園のようなのがあって像もいた」「居る訳無い、そんなの見なかった」と

Img_0999
Img_1005
天守閣に入ると昔の資料が有り其所には 像の写真も有った。「な〜、居たんだよ昔!」
Img_1028_20211105124301
天守閣からは天気良く四方が綺麗にみえた。写真は相模湾方面
Img_1040
昼ご飯は 御堀端通りの馬出門の直ぐ近くに有る「田毎(たごと)」で蕎麦。人気の蕎麦屋らしい
Img_1051_20211105125101
Img_1048
ザル とミニ天丼 をシェア なんと言っても小食です。
Img_1060_20211105125101
2時に宿に戻り3時の一番風呂に入る。
Img_1063_20211105125101

Img_1073_20211105125301
夕食のメニュー 
Img_1077
Img_1082_20211105125301
Img_1083
Img_1087_20211105125301
Img_1091

美味くは有りませんが 2,750円ではこんなものと割り切らないと文句を言いたくなる味だ。女性は おさんどん をしないで食事が食べられるのがなんと言っても嬉しいそうだ。

風呂の終了時間は23時。ふやける程入る。

 

 

 

 

« 四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 1 | トップページ | 四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

露天風呂の湯気がいいですねぇ〜〜。今すぐ入りたいです。
小田原城は広いんですね。何年か前の真夏に行きましたがあまりの暑さにバテてしまい入り口付近の二の丸広場でイベントを見て過ごしました。行った時期が悪かったです。
へぇ〜〜、象がいたんですか、ビックリです。

ごくらくとんぼ様
連泊ってのは気持ちに余裕が出来て温泉にもリラックスして入れます。しかも此所は安くて良いですよ。
小田原城はドンドン整備されて良くなっているらしいです。お金のある市は良いですね。
暑い時は大変でしょうね。桜の時期も良いですよ。
象が居たんですよ〜 “森永キャラメル”と名前の付いた布きれを背中から掛けて宣伝に一役かっていました。スポンサーで餌代でも払っていたのかも知れませんね。

 箱根も紅葉していますね。
 露天風呂に浸かるのに良い季節になりました。
 さすが、よし坊様パワー!
 見事に晴れを呼びましたね(^_-)-☆

うつきよう様
そおですね、あまり綺麗では無いですがそれなりに色付いています。
晴れましたね〜露天風呂に入ってボーッとして居る良い季節です。
雨予報が晴れちゃうんですから。我ながらビックリ

良いお天気で小田原城映えますね。
小田原城の側の「ういろう」(漢方薬)? 叔母に頼まれて何度か買いに行きました。
その時に小田原城を見ただけで、じっくり観光したことがありませんでした。
美しいお城ですね。今度ゆっくり見てみたいです。
はい。上げ膳据え膳で食事が出来れば、間違いなく嬉しいです。
大涌谷、いまだに噴煙を上げているんですね! 自然の力は凄いです。


私など 慣れないものですから
高級なお宿に泊まるときには 服も靴も気を遣って 身構えてしまうのですが、
何度も利用して様子がわかっているお宿ですと 行く前から心身ともにリラックスできる気がします。

そういう意味で よし坊様にとって また奥様にとっても
四季倶楽部は  勝手知ったるお宿の一つとして
過度の期待も失望もせずに ただ、のんびりと くつろぐことができるお宿なのではないでしょうか?

いいですよね、、、気軽に行けるお宿があるって、、、。

ニャン様
ういろう ですか?僕も知りません。名前からして漢方薬なら効きそうですね。
久しぶりの小田原城でしたが良かったです。今度は桜の季節に行こうかと思います。
ホントですよね、上げ膳据え膳はなんと言っても良いですね。何だかんだと手伝う男にとっても良いです。

shinmama様
服装等の気遣いはしなくて良いのでこの手の宿は良いですね。ジーパンに靴なんてスニーカーですよ。
安宿ですから自慢できる話ではありませんが何度でも気楽に使えるのは良いと割り切ってこれからも使いたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 1 | トップページ | 四季倶楽部 箱根スタイルに連泊 3 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。