« こびつ | トップページ | 今年が最後か?越前蟹 2 »

2021/12/06

今年が最後か?越前蟹 1

2_20211201141201
毎日確認している越前市の天気予報は雨又雨。悪いことに山間部は雪。

参ったな~と思いながらもチェーンと、巻く時の寒さ対策にオーバーズボンや使い古しのバスタオル等思いつくもの全てを乗せて出発した。北陸道の降雪地帯では融雪剤を撒いたのか道路が真っ白くなっていた中を走った。

そんな状態でしたが当日はピーカン照り。風も無く日本海はナギ状態でした。

1-1_20211201141201
1_20211201141201
養老で昼食。夜に備えてラーメン一つをシェアした。
3
4_20211201141201
北前船主の館 右近家 前の駐車場で一休み
5_20211201141601
宿を通り越して 道の駅越前で蟹などの値踏みをします。今年はべらぼうに高くなっています。
6_20211201141801
7_20211201141901
10
戻って宿に

ビックリしたのはスリッパが20人分程並べてありました。

8
9
ロビーの生け簀には・・・殆ど入って居ません

さて、部屋と風呂の紹介は次のブログでUPし先ずは食事編です。

13
今まで部屋食だったのが3階の三室をぶち抜きにして大広間に作り替え食事会場に大変身していました。聞けば去年大々的に改装したそうで部屋の入り口や壁や畳もピカピカでした。

ゆがきたてアツアツコースと おまかせコースにしておまかせの蟹は食べきれませんので持ち帰ります。

写って居るのは大広間で、写って居る人は宿の大将ですが今は息子さんがこの宿の代表です。


2-1
1-2
アツアツコースの蟹
14
15
越前蟹のタグ 裏には獲った船の名前入りです
3-1
蟹ミソを焼いていますが
4-1
蟹サシを付けて食べます。僕は醤油を少し付けて食べるのが好きです。
5-1
これらを食べている内に大将が捌いてくれた蟹半分が殻に入りました。残りの半分は自分で捌いて食べます。頼めば全て捌いてくれますが自分でやるところに価値があります。
6-1
蟹の天ぷら
14-1
茶碗蒸しの中には白子が入って居ました 嬉しいね!
7-1
これは自分で捌いた蟹の身です。大将の量と変わらないネ。
8-1
焼蟹
11-1
何時もなら要らないから明日の朝に食べる と言う鍋も今日は食べます(写真は二人分)
12-1
13-1
御飯とデザート

 

大将曰く 今年は不漁で値段がとんでもなく高くなって居るとのこと。さすが仲卸、大将の心意気を感じる値段と内容です。

 

あれほど好きだった車の運転も年々自信が無くなり遠くまで走ることも億劫になりこれが最後かな と思うように成ってきたここ数年です。

 

« こびつ | トップページ | 今年が最後か?越前蟹 2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント


うわお、、蟹が大好きだった母が見たら 泣くな、、、こりゃ。

我が家は主人が 海老も蟹も あまり好きではないので 
毎年、よし坊様のブログを見せては 山陰へ行こうよ、と交渉するのですが 乗り気になってくれません。
本場まで出かけることを恒例にされている よし坊様が羨ましい限りです。

実は 私たちも 確かに長時間の運転は 辛くなってきていて
前は 夫婦で2時間交代だったのが 1時間半交代になっています。

でも 奥様のためにも 公共の交通手段で、、、、ぜひ。

shinmama様
蟹が好きですからね!!
交代で運転できるのはなんとも羨ましいですよ。我が家はズッと一人で転がすんですからね。

列車二人分は我が家では負担が多すぎてダメです。ズッと以前は業界の仲良し会で行きましたがその頃は堂々と出張費。あの頃が懐かしい。

これが最後か なんて寂しいことおっしゃらないでくださいな。
2日の所を3日掛ければ大丈夫❗️
よし坊家はどこへでも二人で出かけて素晴らしいなと思っています。我が家とはまるで違いますもん。
趣味が合わない我が家は別行動の時が多いです。
蟹漁のニュースを観るとたくさん揚がっているように見えますが獲れていないんですか?他国の船に持っていかれちゃうんですかね?

ごくらくとんぼ様
名古屋に泊まるのも良いのですがコロナの最中焼き鳥屋に行くのも危険で蟹まで直行。帰りは生ものを買って帰るので途中で泊まる事は無理なんですよ。
二人で出かけても運転は一人だしね。
ニュースを見ると確かに沢山捕れているようなのにね、海の物が何もかも高くなっていました。

 そうですか、蟹不漁なんですね。
 解禁になったころはとても良いような報道でしたし、
 コロナで需要の伸びがないので値段もいつもより安めのような話だったと思うのですが、
 分からないものですね。
 よし坊様の晴れ男パワーがまたしても晴れを呼びましたね!
 お天気が良くてなによりでした。
 運転、だんだん億劫になりますよね。
 でも、まだまだ大丈夫だと思いますので、これが最後とおっしゃらず、
 来年も、再来年もぜひ!
 ただ、蟹のほうがこの先ますます獲れなくなりはしないかと、心配です。
 
  
 
 
 

うつきよう様
確かに報道では良いようなことを言っていたと思います。解らないですね
仰るとおり需要と供給のバランスが取れていない様に感じます。帰りに寄る日本海さかな街も人が少なかったです。
晴れました!!昔なら喜んで雪道を運転しますが今はイヤです。
来年どうなるか解りませんが体力だけは付けておきたいと思っております。

良いお天気で海も綺麗で穏やかですね。
そうなんですよね。今年は不漁、、、、、、、。
私の記憶に間違いなければ、蟹漁解禁直後の旅番組で「かねとも」さんのご主人テレビに出ておられましたよ。^^
よし坊様が蟹旅に行かれるとき、宿泊される宿だ!と親しみを感じながら見てました。
ゆでたてアツアツの蟹は格別の美味しさですよね。蟹刺しも大好きです。
確かに車の運転、夫も年々長距離の運転に自信がなくなってきたという回数が増えました。
そうかといって、私の運転では心許ないですし、、、、^^;

ニャン様
天気がホントに良かったです。風も無く温かく感じました。
不漁なんですね。
TVに出た?それを知っていれば冷やかしましたのに残念です。
そおですね、熱い蟹をハフハフしながら食べるかには最高に美味しいです。が、蟹サシがの量が年々少なくなってきました。昔はこれでもかと出たんですが、、、
好きだった車の運転もイヤだな〜と思うようになると余計ダメですね。早く自動運転できる車が売り出されると良いと思うようになりました。
ニャン様も運転できる訳ですから我が家より良いです。
ご主人様のその後の容態は如何ですか?早く元通りの生活が出来ると良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こびつ | トップページ | 今年が最後か?越前蟹 2 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。