« 箱根の温泉に連泊 | トップページ | 四季倶楽部 強羅彩香 1 »

2022/01/27

この鳥はなに

Img_5805
なんだこの鳥は?10m程離れたところでガサゴソ動いて逃げようともしない。お腹が赤っぽく見えたのでアカハラだなと思ったが心配になり大先生に判定してもらうと「凄いです これはヒクイナですよ なかなか撮れません」と返事が来た。
Img_5817
Img_5811
Img_5834
通えばこんなチャンスにも出くわすラッキーな日だった
※温泉ブログは1月31日からUPします

« 箱根の温泉に連泊 | トップページ | 四季倶楽部 強羅彩香 1 »

」カテゴリの記事

コメント

分からない事は何でも調べるワタクシ。
早速ヒクイナを調べると暖かい地方の湿地で見られると書いてありました。
コンコンコン と鳴くとも。
大先生が “凄い” とおっしゃるのならさぞ珍しいんでしょうね。
撮影に通ったればこその収穫でしたね。

ごくらくとんぼ様
知るは楽しみなりですね。自分で調べた方が覚えるんですよね。ただ 鳥に関しては直ぐ聞いてしまうし教えてくれる先生が居てとても助かっています。
そおなんです、此所ではなかなか見つからない鳥だそうです。

偶然にも珍しい鳥に遭遇するとは
普段からの、鳥の撮影に努力した結果だと思います。
その努力の賜物だと感じます。努力はウソをつきません。
我々の応援する、サッカーチームも、努力して成果を上げて
もらいたいです。

kurinn様
ハイ、有り難うございます。努力というか楽しく一時の時間を過ごしております。
一度もシャッターを押す事無く帰る日もありますから。
合宿も始まり期待の新人も多く入りいよいよ始まりますね。
楽しみです。

門外漢には、ヒクイナがどれほど珍しいのかさっぱり分かりません。
でも鳥をカメラに収めるだけでも難しいのに、これだけクリアーな写真は凄い❕
温泉のお話も楽しいですが、鳥の姿をこれだけ大きくはっきり拝見できる写真も楽しみです。

パンジー様
土日は撮影に行かない日と決めていて、今日は日曜日。家に居ます。
僕もどれほど珍しいのかよく解りませんから同じです。
どんなカメラでもレンズでも至近距離に居れば綺麗に撮れますよ。チャンスが有ったら撮ってみて下さい。
温泉顛末記は昨日から写真の整理と最初の下書きが出来ました。宿にばかり居ましたのでつまらない内容に成りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根の温泉に連泊 | トップページ | 四季倶楽部 強羅彩香 1 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。