« メジロ | トップページ | 西伊豆 戸田へ 2 »

2022/01/07

西伊豆 戸田(へた)へ 1

Img_2131
大晦日から西伊豆の戸田で連泊します
1年前からJTBに頼んであった宿が思うように取れません。県内と伊良湖岬辺りまでの範囲で探す様頼んでいました。四軒程ピックアップしてくれていますが大晦日から連泊は戸田の宿だけ。この宿は和室。嫌がる妻を説きふせて無理矢理OKを出したのが12月初めでした。
実はそれ以前から笛吹川温泉の坐忘を予約してあったのですがGo Toが使えなく成りキャンセルしてしまいました。
※写真は大晦日16時42分 宿から見える沈み行く太陽

大晦日は道が空いていてこのまま行ったら早く着きすぎますので道の駅富士で一休み。と言っても自宅から20分。野菜が沢山売られていたと言っても買う訳にはいきません

Img_2064
約束通り夏梅木に

Img_2072_20220104092601
Img_2075
妻の食べたいキノコ蕎麦はこの日は無し。限定メニューの数品だけでしたので辛味大根おろし蕎麦。ものすごく辛くて参った〜と妻が言っています
相変わらず席に着いてから食べ終わるまで1時間半掛かりますが一品一品作りますので仕方ない事です。蕎麦も天ぷらも大根おろしも全て一品一品。ここに来るお客さんはそれを承知できていますから。
Img_2078
西浦のヨットハーバーを右に見て進みます

Img_2084
2時40分到着。しかし誰も出て来ません?どうなってんだ?

Img_2098
入り口の水槽には高足蟹が

Img_2089
Img_2086
Img_2092
レセプションは4階 部屋も4階です

Img_2165
部屋に行く途中正月らしい飾りが有りましたがこの宿の全てが造花です。生花は一つもありませんでした

Img_2102
8畳和室で布団を敷く部屋と諦めて居たのですが30センチ程厚みのあるマットに布団を敷いてあり「部屋の掃除に入らなくても良い」と言った。アメニティーグッズは初めから二日分揃えてあった
Img_2110

Img_2108
部屋の半露天は温泉では無いとの事で一度も使わなかった

Img_2129

Img_2143
4時42分今年最後の夕日が沈む 
それを見ながら飲む リキュールと下戸用のドリンク

Img_2172
夕飯は6時半を選んだ

Img_2184
Img_2178
伊勢エビは刺身じゃ無くてポテトが混じったサラダ・・・ってガッカリだな

Img_2180
鮑は妻の大好物

Img_2186
Img_2190
Img_2191
Img_2195
Img_2198
正月料金で高いとは言え普段の値段からすれば上出来です

20211231_155257_resized
温泉は2階 男女の入れ換えはありません どうやら浴場の形態が相似形に成って居るらしい

20211231_152326_resized
20211231_152112_resized
20211231_152133_resized
隣の宿が戸田では有名な いさば で半露天風呂から丸見え
写真はスマホで撮りました
Img_2352
部屋には年越しカウントダウンで飲んで下さいと説明書きがありシャンパンとノンアルコールのスパークリングミカンに簡単なつまみが用意されていた
宿としてのカウントダウンイベントは何も無いのが物足りない。
部屋で見た紅白も 知らない歌やどうでも良い歌手ばかりで、ザワつく金曜日を見ながらコマーシャルが始まるとNHKに変え3分経つとザワつく・・・と変え
いつの間にか寝てしまいました

« メジロ | トップページ | 西伊豆 戸田へ 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント


我が家では 大みそかから 元旦にかけて 宿泊したのは
現職時代に行った 香港のホテルが 最初で最後になっています。

1年で一番 料金が高く 我が家には とても無理なので 興味津々です。

ふむふむ、
お料理だけでなく カウントダウン用のアルコールも用意してもらえるんですね。

それで、それで、、、お雑煮はどんな感じだったのかかな?
続きが楽しみです。

shinmama様
クルーズ船にも乗れず、海外旅行も行けない時代、この位の事をして経済を活性化させましょう・・・・・・
なんちゃって偉そうに
カウントダウン?続きを読めば解りますが・・・・・・・外国の年越しはド派手ですからね!!
雑煮は我が家の雑煮の方が美味しいです。やっぱり食べ慣れて柔らかな鶏肉使ったのが一番と思いました。

てっきり東伊豆ではないかと勝手に想像していました。
戸田へ泊まられた話はあまり聞かなかったような気がします。
東だろうと西だろうと美味しい料理と温泉付きなら極楽というものですよね。

ごくらくとんぼ様
東伊豆にも此所なら良いかな?と思った宿が有りましたがどうしても大晦日が取れなくて最後の最後に諦めました。
過去には戸田にも泊まりましたよ。戸田と言えば高足蟹でしたが大味で美味いとは思わない蟹だとその時思いました。
妻はなんと言っても温泉には入れるし正月料理は作らなくて良いし 万々歳ですよね。

 戸田と聞いただけで穏やかな戸田湾の海が想像できます。 
 学生の頃、同級生の知り合いが民宿をやっていて、友人たちと泳ぎに行きました。
 年末の予約は取りにくいですね。
 1年前からでもダメですか。
 帰りがけに翌年の予約をしていく方もおられますしね。
 年越しを温泉で過ごしたことがありません。
 いつかしてみたいと思っていますが、いつになるかなあ・・・
 宿の新年をよし坊様のブログで楽しませていただきたいと思います。
 お料理や趣向がお年越しらくて華やぎますね。

うつきよう様
そおなんですね。戸田と大瀬崎、どちらも似たような地形ですが静かですね。それと水が澄んでいて綺麗です。
西伊豆の残念なのは日の出が見られない事。年をとると早起きな分日の出が楽しみになります。
同級生の知り合いが?思い出に残るでしょうね!!
同じ宿で良いと決めればそれでも良いのですが大枚はたいて泊まる宿は色々なところに泊まりたいという妻の希望があるんです。なので次もとはいかないんですよ。
宿のイベントや趣向は料金に正比例すると思います。泊まったこの程度の宿ではダメですね。

カウントダウンを温泉宿でするなんて夢です。
神さんと仏さんのお世話で、どうしても在宅していないと…
娘が引き受けてくれるようになったら、「後は任せた」と言って出かけられそうですが…
いせめてお正月、シティーホテルでもいいから、泊まってみたいと画策はするのですが、料金表を見ると逃げ腰になる… を繰り返しております(笑)
奥様思いのよし坊様の爪の垢を、我が主人に分けて頂きたいです。

パンジー様
そお仰らずに・・・家も同じですよ。暮れの用事は早い内に、年明けの事は松が取れる前には必ず・・・と開き直っています。
しかに年中行事も時代が変わり我々の代までしょうね。
料金 我が家はそんな高望みをしませんから良いんです。温泉に浸かっておせち料理を一寸つまめばそれで良いんです。
こんな垢で良ければいくらでも差し上げます

大晦日の夕日美しいですね。
美しい海と夕日、そして温泉に美味しそうなお料理、良い大晦日でしたね。
カウントダウン用のドリンクとおつまみ、一寸したことですが嬉しいサービスです。
長浜は大晦日は大雪、今の歌には付いていけない私達は一度も紅白にチャンネルを合わせることもなく
ボクシングを見た後は、何を見ていたのかも思いだせません、、、。
「ゆく年くる年」だけはしっかり見て寝ました。

ニャン様
ハイ綺麗でした。夕日はあまり見ませんからたまには良いですね。来る年が良い年になりますようにと願いました。
大晦日が大雪はスキーに行っていた頃を思い出します。降って大喜びですがやらない今はただイヤと思うだけの何ものでもありません。ニャン様の家は大変でしたね。
男性はボクシングを見る人が多いですね。家は全く見ませんが。
ゆくとし来る年も見なかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メジロ | トップページ | 西伊豆 戸田へ 2 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。