« 西伊豆 戸田へ 3 | トップページ | 町内会 »

2022/01/17

白鳥 は未だ居ます

Img_4490
昨年11月12日に来た白鳥は五羽でしたが(写真の一番下に写っているのはマガンだそうだ)
Img_4673
今は居場所が代わり四羽になってしまいました。その一羽は何処に行ったのか?
Img_4713
親が二羽と子が二羽です
Img_4711
子は色が違うので直ぐ解ります
Img_4761
こちらは親ですが来たばかりの時は綺麗な色でしたが最近は汚れてきました

いつまで居てくれるのか? そして毎年も来てくれるのか? 楽しみが増えました

« 西伊豆 戸田へ 3 | トップページ | 町内会 »

」カテゴリの記事

コメント


すでにコメントで 書いたかもしれませんが、
山口県に白鳥と黒鳥が たくさん集まる有名なところがあるのですが
一昨年 鳥インフルエンザが流行した時に 纏めて処分したそうで
昨年は 飛来がほとんどなかったとか、、、。

鳥は 人間によって 強制的に緊急事態宣言を発令されるだけでなく
命まで奪われるなんて 気の毒ですね。

白鳥もう1羽どうしたんでしょうね?野生の動物に襲われたのでしょうか?
琵琶湖では、2月の中頃から徐々に北へ帰り始めます。
最後の白鳥が帰るのは、何時も3月上旬になります。
また、初冬に来てくれると嬉しいですね。
三嶋神社凄い人ですね。いつか参拝に行こうと思いながらいつも素通りです、、、、、^^;

shinmama様
イヤ 知りません 初めて聞きました。そんな気の毒な話があったんですか。
鳥インフルエンザでも もっと他の方法が無かったんでしょうかね。

ニャン様
そおなんです、誰も何処に行ったのか解らないんです。
帰るのは大体同じだろうと思います。昨年も二月の中旬過ぎまで居たと思いますから。
三度目の正直で来何来てくれるホントに嬉しいです。
三嶋大社のはつもうでね密密で何の対策も取っていなくて心配しました。

 ハクチョウ、来年も来てくれるといいですね。
 
 三島大社へは、大学の仲間(全員女子)でどこだったか遊びに行った帰りに行きました。
 仲間のひとりが結婚が決まっていて、
 その婚約者が三島で合流してみんなで行きました。
 三島大社の拝殿前だったか、石段をひな壇に見立て、
 友人と婚約者をお内裏様に、あとの仲間が三人官女と五人囃子になって写真を撮りました。
 なつかしい思い出です。

うつきよう様
お〜 それは良い思い出ですね。
美人が揃って綺麗なおひな様。見てみたかったですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西伊豆 戸田へ 3 | トップページ | 町内会 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。