« 西伊豆 戸田へ 2 | トップページ | 白鳥 は未だ居ます »

2022/01/14

西伊豆 戸田へ 3

Img_2238
1月2日 今日も晴れました

1で 造花ばかりだと書きましたが部屋や廊下も風呂場も宿のエントランスも全て造花です

生花は見ず終いでした

Img_2389
朝食です

雑煮もご飯も出るんですね?お~ 味噌汁は伊勢エビ、良いじゃないですか。しかしミソが全く見当たらないな~。昨日からのお客さんは我が家が食べた元日のメニューで伊勢エビの味噌汁は付いていない。

 

チェックアウト11時まで温泉と部屋でユックリゴロゴロ。屋上に貸し切り露天風呂が有りますが温泉では無いし有料だとの事で使わなかった。

部屋の窓からは隣の宿 いさば が圧迫感があるほど迫っています。いさばと競ってもしょうが無い事ですがあっちは全室オーシャンビューの露天風呂付き。しかも昨年大改装したらしい。

Img_2397
帰りは海岸通を通らず伊豆中央道を通って村の駅に。駐車場が満車です。

その後計画通り三嶋大社に初詣に行きます。

神社の駐車場は正月限定でバス タクシーしか入れませんでした。500m程東側 大場川横の臨時駐車場に。

Img_2399
川の橋からは富士山が見えます
Img_2403
Img_2406_20220106081401
橋にはこんな説明と足下に銘板が埋め込まれていました
Img_2414
Img_2422
総門 神門 
Img_2431
そして本殿まで辿り着きました。鳥居をくぐった所から警備が居る訳でもなく密状態が続きます。

この日も昼御飯は抜き。帰りの道も混んでいました。

 

参考までに今宵(こよい)の正月料金は一人一泊33,000円 正月を外せば2万円前後じゃ無いだろうか。

« 西伊豆 戸田へ 2 | トップページ | 白鳥 は未だ居ます »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

我が家では叶いそうにない温泉宿での年越しを拝見させていただきました。
連泊でゆっくりされている様子がよ〜〜く伝わってきました。
岬の神社へ行かれたとのことですがこのところのような寒さではチョット引いてしまうんじゃないかと思いました。
東海道五拾三次佐野喜坂の三島狂歌をネットで勉強しました。

ごくらくとんぼ様
そんな事有りませんよ。一寸考え方を変えれば正月の連泊は叶います。
元日の神社はポカポカとお詣り日和でしたよ〜
勉強熱心ですね。知りたいと思ったら直ぐ調べる。知るは楽しみ成りですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西伊豆 戸田へ 2 | トップページ | 白鳥 は未だ居ます »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。