山とトレッキング

2018/01/18

2018 新年初登山 賤機山

Img_4431

 1月8日久しぶりにワンダーホーゲル行事に参加した。

短期間の内に東支部・清水支部・平日支部(葵支部)が合併し改に静岡東支部として再出発してから初の参加だ。どの支部も会員が減り維持出来なくなったのが理由です。
冒頭写真は賤機山をミコアイサ♂の撮影をした遊水池から撮った。

続きを読む "2018 新年初登山 賤機山" »

2017/10/21

レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻

Img_3100

 楽しくも充実したトレッキングも終わり下界へ下りていかなければ成らない日がやってきてしまいました。

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻" »

2017/10/19

レイクオハラロッジとカナナスキス 6 晴れ男パワーだ の巻

Img_2913

 夜中に雨が降っている音がした。今日はダメかな?

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 6 晴れ男パワーだ の巻" »

2017/10/17

レイクオハラロッジとカナナスキス 5 珍しい動物に会えた の巻

Img_2696

 今日も良い天気でレイクオエサ迄行きます。

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 5 珍しい動物に会えた の巻" »

2017/10/14

レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻

Img_2527

 レイクオハラ2日め、今日はオパビンレイクに向かいます。

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻" »

2017/10/12

レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻

Img_2232

 モーニングコールは5:45。バンフのホテルへ預けるスーツケースとロッジに持って行く荷物をダッフルバッグに分け出発6:45。二泊したカナナスキスともお別れです。

朝食はオムスビ等を走行中の車内で食べた。そして向かうのはロッキーの聖地レイクオハラ。

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻" »

2017/10/10

レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻

Img_1918

 一夜明け カナナスキスのホテルから見える山岳風景と上々の天気。

今日はターミガンサークにハイキングに行きますが此所は初めてのカナダトレッキングの折、登山口まで来て「グリズリー(♂は最大800kgにも成る)」出没の為クローズされ、登る事が出来なかった因縁の場所。未だ見ぬ地へと期待が膨らみます。

 

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻" »

2017/10/07

レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻

Img_2555

 9月25日出発で、4回目のカナダトレッキングにやって参りました。

予想に反して黄葉はドンピシャリ。

Img_1895

エアカナダでカナディアンロッキーの玄関口カルガリーに向かいます。 驚いたり感動したりの毎日でした。

続きを読む "レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻" »

2016/09/23

北欧、『巨人たちの住みか』10

Img_4126

 巨人たちの住みかを締め括るにはなんと言ってもベッセゲン尾根の写真で〆るのが一番だろう。 何時までも心に残る絶景だった。

※拡大できます
ノルウェーはスカンジナビア半島の西岸で南北に細長くその北半分が北極圏です。フィヨルドの海岸は有名ですが内陸に入ると大小様々な湖が点在する雄大な山岳風景を楽しむことが出来る。更に高緯度ですから標高が低くても様々な高山植物を見る事が出来ます。高山植物に興味の有る人にも魅力有る国だろう。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』10" »

2016/09/21

北欧、『巨人たちの住みか』9

Img_5024

Img_5030

 エレベゼター・カルチャー・アンド・アート・ホテルは小さいながらも立派なリゾートホテルですね。朝食前に外を一回りしてみました。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』9" »

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ