インディペンデントウォークの人がティーサービスが受けられる唯一の場所で何人かのトレッカーが休んでいた。
そして気楽に声を掛けてきてくれた。